ブログで稼ぐ

ブログを収益化する仕組みを作る!【稼げなかったすべての人へ】

ブログを収益化する仕組みつくりたい。

上記の悩みを解決します。

 tanaka
tanaka
本記事は2年以上も稼げなかった過去の僕を救うために書いています。

稼げなかった理由は思考停止していたことと、作業量不足です。

徹底的に考える→行動する。これが大前提。

早速ですが、ブログを収益化する仕組みについて語ります。

手順は2つだけ。

①集客する→②広告収入で収益化

この2つを理解すればブログを収益化する仕組みを作ることは可能です。

実は集客するための手段の1つがブログです。

なぜなら、お客さんがいないと何も販売できませんからね。

そして、ブログで収益化する方法は広告収入です。

まずは『広告収入で収益化する』と覚えておけばOK。

本記事ではブログを収益化する仕組みを本質的に説明しつつ始め方から運用まで徹底解説します。

ブログを収益化する仕組みは2つだけ

お客様・オーディエンス

とにかく集客

ブログを収益化する仕組みは2つだけです。

①集客する→②広告収入で収益化

どんなにいい商品があってもお客さんがいないと販売できませんよね。

なので、とにかく集客することを考えましょう。

ブログ初心者でありがちな失敗は誰にも読まれない記事を量産することです。

ブログは集客するための手段です。

「集客記事」と言ったりたりもしますが、PV(視聴者数)を伸ばすことが大切です。

たとえば楽天に企業が出店する理由は集客力があるからです。楽天で販売されている商品は出店企業が受注から発送をおこないます。商品が売れたらロイヤリティを楽天に支払う仕組み。ロイヤリティを支払ってでも出店するのはお客さんが集まるからです。

お客さんを集める=集客です。

まずはどうやって集客するかを徹底的に考えましょう。

ブログ運営のための情報収集方法【あなたの型を見つけよう】ブログを収益化する仕組みを作るためには情報収集は必須です。 実はブログを収益化できるかは知識量に左右されます。 なぜなら情報が薄いとユー...

Google検索で集客

悩みや知りたいことの「答えを探して」Googleで検索した経験はありませんか?

スマホでもなんでもいいんですけど、インターネットで「答えを探す」ひとはめちゃめちゃ多いです。

答えを探すときに入力する言葉をキーワード(クエリ)といいます。

キーワードに対して最適な答えが記載されているサイトをGoogleが判断して検索結果に表示させます。

つまり、キーワードに対して最適な答えを記載していれば、検索結果にあなたのサイトが表示されるわけです。

Google検索で集客する手法をSEO(Search Engine Optimization)といいます。

日本語では検索エンジン最適化。

検索に対して最適化していくことでGoogle検索での集客が可能になります。

SEO対策は手法がたくさんありますが「キーワード」に対して「最適な答え」を用意することで集客ができるということを頭に入れておきましょう。

SEOキワード検索ツール27選【初心者は無料3つだけでOK】 SEOキーワードを検索するツールはどれを使うべきか? 上記の悩みを解決します。 SEOキーワード検索ツールは種類が多く、どれがを使う...

SNSで集客

Twitter、Instagram、You TubeなどのSNSとブログを掛け合わせることは非常に強力です。

とくにTwitterはブログで稼いでいるひとが有益な情報をバンバン発信してくれるので情報収集の意味でも取り入れるべきです。

 tanaka
tanaka
僕のTwitterは

tanaka@mystudymanです。

 

Googleで検索結果に表示されるまでには最低1~3ヶ月かかります。

Googleで集客できなくてもSNSで集客できればOKです。

極論ですが、Googleで集客することにこだわる必要はありません。

また、Googleはサイトの信頼性を測るためSNSをチェックしています。

SNS上で信頼できるユーザーが書いている記事や、信頼できるユーザーにシェアされている記事は有益とみなされます。

そのためSNSの運用は結果的にSEO対策にも効果があります。

ブログとSNSを同時進行して集客経路を増やしましょう。

被リンクで集客

他のサイトから貼られたリンク=被リンクです。

他のサイトからリンクを貼られることは、直接的な集客という意味で有意義です。

Googleは被リンクをサイトの位置づけの重要な指標のひとつにしていますので、SEO的にもメリットは大きいです。

被リンクはあなたに操作できませんので、他のサイトから参考にされるようないい記事をコツコツつ増やすしかありません。

初心者の場合はSNSで自分のブログへのリンクを貼るなどして少しでも人の目に触れる機会を増やしましょう。

広告収入で収益化

とてもきれいなものを握りしめる手

アフィリエイト広告

ブログ収益のメインは広告収入です。

読者がブログで紹介している商品を利用してくれることで広告主からブロガーへ広告費が渡ります。

広告収入=アフィリエイトです。

アフィリエイトと聞くと怪しく聞こえるかもしれませんが日本の上場企業も使っているwebマーケティング手法の1つです。

なぜ収益が得られるのか

サイトに設置されたバナーやリンクをクリックして別サイトに移動した経験はありませんか?

移動後のサイトで買い物をしたりサービスを登録するとブロガーに広告収入が入ります。

できるだけ多くのひとに買ってほしいという目的なら広告はたくさんの場所に張っておいたほうが広告主にとっては有利でよね。

成果報酬型の広告であれば成約が取れなくても広告主は損をすることがありません。

広告の種類によってはクリックされた時点で報酬が発生するものもありますが報酬単価は低いです。

広告主にとって「集客する手段の1つ」がアフィリエイトなんです。

ASP

ブロガーと広告主の間にはASPと呼ばれる代理店みたいなサービスあるので、初心者でも安心して収益化できます。

「ASPなに?」って感じかもしれませんが、登録してコードをコピペするだけで簡単に広告を掲載できるサービスのことです。

ASPとはアフィリエイト・サービス・プロバイダの略でブロガーのような「メデイア運営者」と、広告出稿をする「広告主」をつなぐ広告代理店のような存在です。

有名所はA8.netです。

提携の審査が比較的優しいのでまずはA8.netに登録してどんな広告があるか確認しましょう。

広告案件はASPに登録しなければ見ることができません。

ASPの登録には広告を掲載するサイト情報が必要です。

広告収入以外で収益化する3つのパターン

個人スポンサー

「個人スポンサー」は「個人ブロガーが毎月お金をくれるひとを見つける行為」です。

出資するひとの目的は様々ですが費用対効果以上に得られるものが、あなたにあるかがポイントです。

単純に応援したいだけのひともいるかもですが、そもそもブログやあなた自身に魅力がなければスポンサーは付きません。

ある程度集客があるブログなら広告枠を出すのもあり。

「ブログのトップページが10万PVあるので月3万でリンク貼りませんか?」とかですね。

YAHOOのトップページはまさに広告枠だらけです。

ブログやあなた自身に魅力がなければ難しいでしょう。

独自商品

独自商品を販売して収益化することも可能です。

アフィリエイト広告は打ち切られたらそこで収益化終了です。

自分の商品を持つことで広告以外の収入を増やしましょう。

たとえば「Note」という文章投稿サイトで有料Noteを売るとかですね。

ブログで5万稼ぐまでにやったこととか需要がありあなたが得意なことを販売すればOK。

とはいえ有益な情報がある(ありそうだから)有料Noteは売れるわけなので、まずは実績をだしてから考えましょう。

「好きであり、自分が詳しい分野で発信する→部分的に有料Noteで販売する」という感じです。

独自サービス

幅広く捉えるとオンラインサロン・リストマーケティング・コンサルなどが独自サービスでしょう。

収益化するにはサービスのメリットと、誰が運営しているかが重要になります。

誰が作ったかわからない炭酸飲料なんて買いませんよね。コカ・コーラが提供してくれるから買うわけです。そして美味しくないとリピートしません。

なので、あなたには信頼と実績が必要です。

そして有益なものを提供なければいけません。

まずは、ブログで100万稼いだとかTwitterで3万フォロワー獲得できたとか信頼できる実績を作りましょう。

選択と集中

いまからブログを始めるひとの戦略は「選択と集中」です。

なにも実績がないひとの商品を買いたいと思いますか?

有料Noteもオンラインサロンも有益な情報がある(ありそう)だから買うわけで、お金を出す価値があるからスポンサーとして出資するわけです。

ブログはポートフォリオとしても有効です。

商品を売っている(サービスを提供している)ひとは誰か、あなたの実績を知ってもらうためにも、ブログのあるなしは雲泥の差です。

きれいで読みやすく有益なブログがあるだけで信頼は増えます。

たとえば「Twitterでフォロワー1万人集めて、手法を販売する。」でもいいのですが、信頼できるブログを持っていることで結果は違ってきます。

繰り返しになりますが、初心者はブログ運営に集中しましょう。

1つの疑問

あなたには1つの疑問があると思います。

「今から始めても遅くないのか?」

答えは「いつ始めても遅くない」です。

「カフェを始めたいひと」に「もう遅いよ」って言ってる感じです。

アイディアとやり方次第で可能性はありますよね。

事実、Googleでさえすべての情報を網羅できていません。

世の中にはまだまだ情報があふれている。

Google が他のどの検索サービスよりも多い HTML ページのインデックス登録に成功した後、Google のエンジニアたちは、簡単には検索できない情報に目を向けました。その一部は、電話番号や住所、事業別ディレクトリなどで、新しいデータベースを統合するだけで検索可能になりました。しかし、中にはもっと工夫が必要なものもありました。たとえば、ニュース アーカイブ、特許、学術誌、数十億枚の画像や数百万冊の書籍を検索する機能です。Google の研究者たちは、今後も世界中のあらゆる情報を検索ユーザーに提供するために開発を続けていきます。

引用元:Google

検索されるキーワードの最適な答えをもっているサイトがなければ記事を書くべきです。

検索結果に古い情報が多かったり無料ブログが多いキーワードも狙い目です。

たとえば、5年前に書かれた「ブログで稼ぐ」みたいな記事より、先月作られた記事のほうが有益な情報がありそうですよね?

始めるのが遅いから利益が出ないという理由にはなりません。

ブログの始め方

赤ちゃんが今から何かを始めるつもりだ。

おすすめのブログサービスは「Word Press」

本気で収益化したいのであればWord Press(ワードプレス)をつかってブログを立ち上げましょう。

はてなブログ

アメーバブログ

ライブドアブログ

などの無料ブログはおすすめできません。

理由は無料ブログの管理者=他人だから。

無料ブログは制限が多く運営の自由度が低くなります。

また契約違反でアカウント凍結や削除をされる可能性もありますし、最悪サービスが終了する可能性もあります。

無料ブログサービス内の集客方法はアルゴリズム(サービス独自のSEOルールみたいなもの)に依存してしまうためGoogleで応用が効ききません。

また、アルゴリズムに関する情報が非常に少ないため運営(集客)は大変です。

Word Pressのメリットは、自由にカスタマイズできて、Googleに対して十分なSEO対策を行えること。

Word Pressはサーバーとドメインを自分で取得して運営するので管理者=あなたとなります。

Word Pressのデメリットは開設までのハードルが少し高いことと年間で約1万円ほどの費用がかかることですが、ぶっちゃげ金銭的なハードルは低いと言えるでしょう。

繰り返しになりますが、本気で収益化したいのであればWord Pressをつかってブログを立ち上げましょう。

Word Press を始めるおすすめの手順

Word Pressでブログを始めるおすすめの手順は次の通り。

エックスサーバー契約

エックスドメイン取得

エックスサーバーにWord Pressをインストール

Word Pressは2種類あると思ってください。

Word Press.comというサービスでサイトを立ち上げると外部テーマをインストールできません。

またWord Press.comは費用がめちゃ高いです。

実は僕も間違えて最初にWord Press.comでブログを始めてしまって大変でした。

手順を間違えないように注意しましょう。

エックスサーバーを契約する

サーバーはネット上の土地みたいなものです。

土地を確保したうえで家(ブログ)を立てます。

ドメインは住所ですね。

土地(サーバー)を契約して

住所(ドメイン)を取得して

家を立てます(サーバーにWord Pressをインストール)。

まずはエックスサーバーに契約しましょう。

契約も操作もとにかくわかやすいです。

使っているひとがいっぱいいるので情報が多いのもポイント。

サービスも安定していますし、値段も安いのでエックスサーバーでOKです。

ドメインを取得する

ドメインは住所です。

具体的にはURLの取得ですね。

本ブログだとmystudyman.comというドメインを取得しています。

ドメインはエックスドメインで取得しましょう。

エックスサーバーと運営会社が一緒なので、サーバーと取得元を一致させることで安定した管理ができます。

エックスドメインは取得までとてもわかりやいので初心者におすすめです。

エックスサーバーにワードプレスをインストール

エックスサーバーにワードプレスをインストールする方法はエックスドメインの公式サイトに詳しく説明されています。

エックスサーバーをおすすめした理由の1つはワードプレス導入の簡単さです。

Word Press簡単インストール手順を見ていただけると簡単さが理解できると思います。

繰り返しになりますが、Word Pressでブログを始めるおすすめの手順は次の通り。

エックスサーバー契約

エックスドメイン取得

エックスサーバーにWord Pressをインストール

立ち上げは簡単ですし、エックスサーバーの説明が詳しくてわかりやすいです。

ブログを立ち上げた後にやること3つ

デザインテーマを導入する。

Word Pressはデザインテーマを変えることで模様替えのように見た目を変更することができます。

無料テーマだと制限が多いですし後から有料テーマに変更するのは手間がかかります。

有料テーマを使用するとサイトデザインが整いますので素人っぽさがなくなります。

有料テーマを使ったSEO対策を発信している人が多いので情報収集も楽です。

SEO対策、HTML、CSS、コーディングといわれて全然ピンとこないひとは導入をおすすめします。

 tanaka
tanaka
僕はJINという有料テーマを使っています。
 

ぶっちゃげサイトデザインにこだわっても集客に直結しません。

でも、サイトデザインがちゃんとしてないと収益化は難しいです。

あなたは怪しいサイトからなにか買おうと思いますか?

答えはNOですよね。

ただし、サイトデザインは重要ですが時間をかける必要はありません。

というか時間がもったいないです。

お金で解決してください。

繰り返しになりますが、有料テーマを使用しましょう。

どうしてもテーマにお金をかけたくないひとはコクーンがおすすめです。

というのも解説しているひとが多いから。

気になるようでしたらこちらの記事をどうぞ。

【コピペ可】「Cocoon」まるごとカスタマイズ講座【簡単】

Word Press の設定

ワードプレスの設定が一番大変かもです。

やることリストは次の通り。

・セキュリティ対策

・SEO対策の設定

・デザイン設定

・プラグインの導入

・サイトマップ送信

・GoogleSearch Consoleに登録

・Google Analyticsを導入

などなど

ボリュームが多いですが設定は最初の1回だけです。

「頑張れ」としかいいようがないのですが、必ず設定しましょう。

ASPに登録

ブログ収入は企業の広告費から生まれます。

ASPに登録することで広告掲載が可能になります。

まずはA8.netに登録してどんな広告があるか見てみましょう。

その他のASPは20本くらい記事を書いてから登録申請すればOK

どのASPも登録は無料です。

ブログ運営の方法

イケてる車を乗りこなしている運転手。

勝てるキーワードを選ぶ

SEOにおける「勝つ」とは検索結果で1位になることです。

2位でも3位でもなく1位を狙いましょう。

どのキーワードで勝てるかは、あなたのレベル次第。

勝ち方はひとそれぞれです。

ただし勝っているひと全員に共通していることがあります。

それは『検索されるキーワードに対して記事を書いている』こと。

検索されないキーワードに対して記事を書いていいのはファンがいるひとだけです。

ファンがいればGoogleに頼らずに集客できますからね。

ファンがいない状態ではGoogleで検索されないキーワードに対して記事を書いても誰にも読まれません。

弱者には弱者の戦い方があります。

あなたが狙っているキーワードがどれだけ検索されているか必ず確認してください。

リレイテッドキーワードとは?【関連するコンテンツを増やすポイント】リレイテッドキーワード(related keywords)とは関連するキーワード(言葉)のことです。 実はサイト運営ではリレイテッドキー...
キーワードリサーチを無料でする方法【関連する言葉の洗い出し】あなたならどこでラーメン屋を始めますか? a.銀座の一等地 b.地方の商店街 c.自宅 自宅でラーメン屋を始めれば、お客さんを集め...
キワード分析でコンテンツの必要性を判断【最後はユーザー視点】 リサーチしたSEOキワードに対してコンテンツを書くべきか・・ 上記の悩みを解決します。 SEOキワードはコンテンツの内容を把握する手...

勝てる記事を書く

SEOにおける「勝つ」とは検索結果で1位になることです。

キーワードを決めたら上位表示の記事をすべて見ましょう。

そして上位表示の記事より質の高い記事を書きます。

もちろん簡単ではありません。

検索にマッチした内容にする。

情報を網羅する。

権威性がある記事にする。

オリジナルの記事にする。

などなど

抑えるべきポイントはたくさんあります。

ですが、最も重要なポイントは『ユーザーに最適であること』です。

Content is King(コンテンツ イズ キング)という言葉があるくらいです。

質の高いコンテンツを目指しましょう。

とはいえ、最初からうまく書こうとしなくてもOK。

ブログは後から何回でも修正ができます。

少しづつ習得しましょう。

最適な広告を貼る

広告を貼ることは悪ではありません。

商品をおすすめする記事に販売ページのリンクがないと、ユーザーはどこで買えるのかわかりませんよね。

欲しい商品がどこで買えるかわからない記事は不親切です。

広告は遠慮なく貼りましょう。

ただし、広告だらけの記事って読みにくいですよね?

記事の内容と関係ない広告もうざいです。

広告は貼るべきですが、『最適な広告を貼る』ことを意識しましょう。

Google AdSenseといってクリック型の広告がありますが、「とにかく全部の記事に貼る」のはダメです。

記事でおすすめされた商品以外のページに飛ぶとユーザーは萎えます。

繰り返しになりますが、「ユーザーにとって最適な広告を貼る」ことを意識しましょう。

勝てるPDCA

勝てるキーワードで勝てる記事を書いて広告を貼っているのに収益化できないとすれば、『勝つためのプラン』を間違えたからです。

何を間違えたのか考える=分析です。

分析結果をもとに行動を修正していきましょう。

これがPDCAです。

リライトといって記事はいつでも何回でも書き直せます。

なので思い切って行動して後から修正すればOK。

メディアとして構築する

ブログはメディアです。

たとえ1つの記事でもメディアとしての意識を持ちましょう。

テレビやラジオみたいな巨大なメディアのようにファンを獲得していく方法は無限にあります。

1つだけ抑えておきたいポイントは『関連記事を増やす』ことです。

関連する記事が多いとユーザーにもメリットがありますよね。

カテゴリーが充実していると専門性がたかいと判断されやすいのでSEO効果もあります。

PDCAを鬼速で回してブログをメディアとして構築しましょう。

重要な2つの思考

きれいな夜空が何かを予感させる。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用元:Google

ユーザーを第一に考えましょうということ。

Googleは『質が良いサイト』を上位表示させることに取り組んでいます。

『質』=『ユーザーにとって役立つ』と捉えてもいいでしょう。

ベタですけど、ユーザーのことを考えながらブログを運営しましょう。

Shut the fuck up and write some code.

Shut the fuck up and write some code.

意味は「ぐだぐだ言ってないでコードを書けよ、ハゲ」です。

エンジニア界隈では有名な言葉。

下手でもOK。

失敗してもOK。

とにかく行動しなさい。

僕はこう捉えています。

世界を動かす原動力はあなたが持っています。

でも、行動しないと何も実現しません。

ぐだぐだ言ってないでブログを書きましょう。

ブログ=起業

今から飛び立つ気球たち。

本記事でご紹介したブログを始める手順をまとめますね。

ドメインとサーバーを用意する

サーバーにword pressをインストール

テーマを導入

word pressの設定をする

キーワード選定

記事を書く

広告を貼る(ASPに登録)

メディアとして構築

ちゃんと収益化したいなら、サーバーとドメインを用意してワードプレスでブログを始めます。

ブログを立ち上げたら、どんどん記事を書いて内容を充実させましょう。

同時にTwitterでも発信しましょう。

記事内で紹介したツールはこちら。

ブログ立ち上げは起業です。

ブログは簡単に稼げません。

軌道にのるまで500回は挫折します。

でも、簡単に稼げないからこそ、安定した収益と伸びしろがあります。

僕も含めてライバルを「蹴散らす」くらいのマインドでOK。

最後まで本記事を読んでくれたあなたならブログを収益化する仕組みは必ず作れます。

あとは自分を信じて鬼作業です!

 人気記事  ブログを収益化する仕組みを作る!【稼げなかったすべての人へ】

 人気記事  営業系に強い転職サイト・エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】