SEO

SEOの基礎知識17選【知らずにブログで稼ぐのは無理ゲー】

SEOを知らずにブログで稼ぐのは無理ゲーです。

なぜならどんな有名サイトであっても半分以上はオーガニック検索からの流入だから。

ちなみにsimilarwebでサイトの流入数を調べることが可能です。

ということでSEO対策は必須です。

本記事では初心者向けに最低限のSEO知識を解説します。

SEOはテクニックより基礎知識

SEOはテクニックより基礎知識

SEOはテクニックよりも基礎知識が重要です。

なぜなら基礎知識を頭にいれることでSEO対策の意味が自然と見えてくるから。

SEOの本質を理解することでGoogleが何を求めいているのか理解しましょう。

ちなみにGoogleは営利企業です。

どうやったらGoogleに利益が出るか、みたいなことまで深堀りして行動するとベスト。

Googleは神

SEO対策はGoogleの意向に従うことです。

語弊を恐れず言うと「Googleは神」。

まずは、Googleの方針を理解しましょう。

Googleが掲げる10の事実に必ず目を通します。

Googleの基本方針はユーザービリティを高めつつ広告で稼ぐことです。

ユーザーに焦点を絞る

Googleの役目はユーザーが検索窓に打ち込んだキーワードに対して適切な答えを返すこと。

キーワード=ユーザーの悩みですよね。

ユーザーに焦点を絞ることで必要なSEO対策が見えてきます。

また、どうやってGoogleはコンテンツ内容の良し悪しを判断しているのか考えることがSEO対策の基本です。

1つのことをとことん極める

Googleは専門性があるサイトを高く評価します。

1つのことをとことん極めて専門性と網羅性を高めましょう。

ユーザーにとっても専門的なサイトで得た知識の方が安心ですよね。

サイト内に専門的なページが多ければ1つのサイトで複数の悩みを解決できます。

なので、1つのことをとことん極めたサイトを目指します。

遅いより早いほうがいい

遅いより早いほうがサイトは見やすいですよね。

遅いサイトはユーザーのストレスになります。

とはいえ。コンテンツが不十分なうちにサイトの速度にこだわることはNGです。

ぶっちゃげ、速度より滞在時間やクリック率のほうが大事です。

ウェブ上の民主主義は重視される

ウェブ上の民主主義とはより多くの人にシェアされることです。

より多くの人に支持されている状態ですね。

SNSで拡散されたページは一時的に適切なキーワードで上位表示されることもあります。

また、被リンクと言って、他のサイトからあなたのサイトにリンクが貼られることも評価されます。

ただし、リンク先のページに関連性や権威性がないと効果は薄いです。

ブラックな手法は逆効果であることも頭に入れておきましょう。

マルチメディアに対応する

スマホへの対応は必須です。

また、テキストだけではなく動画などいろんなメディアに対応することはSEOでは重要になっています。

もし、あなたが狙っているジャンルの情報が動画で解説されていなければチャンスです。

「すばらしい」では足りない

「すばらしい」では足りないから、Googleは常に改善し続けています。

Google検索の「コアアルゴリズムアップデート」は最たる例。

Googleは検索結果の返し方を常に改善しています。

アップデートがあるとページの順位が変動する傾向にあります。

Googleの情報を常にキャッチアップし、あなたのサイトもアップデートする必要があります。

Googleクローラー

Googleクローラーはあらゆるサイトを巡回するロボットです。

インデックス(登録)されたページを評価します。

ブログでは高い評価をもらうためのコンテンツとサイト設計を目指しましょう。

実はクローラビリティ(巡回しやすさ)も重要です。

なぜならクローラーが巡回しにくいページは評価が下がるから。

WordPressでサイトを作る

クローラの巡回を最適にするためにはWordPressテーマが必須です。

なぜならテンプレートで内部対策を最適化してくれるから。

【直感で決めてOK】ブログのワードプレステーマ5選|選び方も解説 という記事でワードプレステーマについて解説していますのでご一読を…!

SEOの答えは誰も知らない

検索順位を決める指標は200以上あるとも言われており、その指標は公表されていません。

巷に溢れているSEO対策はGoogleの意向を解釈したものか筆者の経験から語られるもの。

SEOの答えは誰も知りません。

情報は常にアップデートされます。

ただしGoogleの基本方針は変わらないはず。

しっかり基礎知識を抑えましょう。

オーガニック検索

オーガニックの直訳は「自然」ですよね。

オーガニック検索で訪れたユーザーは、Google検索で表示されたあなたのサイトをたまたま見に来たひとです。

オーガニック検索で流入を増やすためには上位表示が必須です。

SEOキーワードの理解

キーワードはユーザーの悩みです。

ユーザーの悩みを解決できるコンテンツを返すことがGoogleの役目です。

なのでキーワード=ユーザーの悩みを理解することは必須。

キーワードを的確に捉えてユーザーの悩みを解決するコンテンツを作りましょう。

E-A-Tへの理解

EATは信頼性・専門性・権威性のこと。

GoogleはE-A-Tを重要な判断材料としています。

特に専門性に関しては重要な項目になります。

シンプルに言うと専門家がしっかりコンテンツを作りましょうという感じ。

ジャンルに関連性が高いコンテンツが充実していることも重要です。

ここに関しては、【2019年9月】GoogleのSEOアップデートを分析しました【戦略公開】という記事で詳しく説明されています。

サイテーションも重要

サイテーションとはサイトに対する言及ですね。

あなたのサイトに対して「まじ有益だわー」とかTweetされるとGoogleも「有益なサイトだ」と判断する感じ。

なお、誰が言及したかとかも重要だったりします。

権威性のあるひとにあなたのサイトがプラス要素で言及されると一気に評価が上がります。

SNSでのブランディングも重要です。

YMYLジャンルへの理解

YMYLとはお金と人生の大きな決断に関するジャンルのこと。

具体的なジャンルは次の通り。

  • 決済が必要なショッピングサイト
  • 健康
  • 医療
  • 保険
  • 法律
  • 自動車の安全性など

上記以外にもYMYLジャンルに近い記事はより権威性が求められます。

企業や専門家の知識じゃないと人生において重大な事故に繋がりかねませんからね。

個人でYMYLジャンルに取り組み事は避けるべきです。

関連性の高いコンテンツで量をこなす

サイトの専門性を高めるためには関連性の高いコンテンツを一定数用意する必要があります。

とりあえず個人ブログは100記事書きましょうとか、よく言われているのはこのため。

もちろんコンテンツの質も大事です。

個人が雑記ブログか特化ブログか方向性に迷ったら、特化ブログにするべき理由は、関連性の高いサイトを目指すため。

関連性の高いコンテンツを網羅的に準備しましょう。

検索上位サイトを分析するとわかること

SNSで権威性が増えると関連したサイトの検索順位が上が傾向にあります。

SNSの重要性、特に動画に対するGoogleの力の入れは顕著です。

マルチに対策されているジャンルを攻めていくとSEO難易度は上がります。

逆に言うとまだ動画対策をされていないジャンルがあればチャンスです…!

SEOは総合格闘技

SEOで上位表示されるためには、サイト設計・ライティング・ユーザー心理・検索キーワード・SNSなどなど、様々な知識とスキルが必要です。

SEOで失敗する理由は課題が多いこと。

要するに挫折するポイントが多いんですよね。

SEOで検索上位を取るためには500回は挫折します。

もはや、検索エンジン上のハックだけでは勝てなくなっていることは事実。

個人ブログでSEO勝つの無理ゲー

個人でSEOに勝つの無理ゲーです。

それでも検索上位を取りたいなら戦略が必要かと。

どんな戦略を立てるかが勝負のわかれ道ですね。

SEOの基礎知識をまとめると次の通り。

  • Googleは神
  • ユーザーに焦点を絞る
  • 専門性の高いサイトにする
  • マルチメディアに対応する

SEOはテクニックよりも基礎知識が重要です。

しっかり理解してSEO対策を行いましょう…!

 人気記事  10分で開設!WordPressブログの始めかた【3万円稼げる保証付き】 

 人気記事  【直感で決めてOK】ブログのワードプレステーマ5選|選び方も解説